MENU

インターンシップ

白鳩のインターンシップとは?

保育士と一緒にリアル保育をします。

シップ生ごとに『あなたの先生』がつきます。その先生が担任するクラスで子どもたちと一緒に過ごし、一日の保育を先生と実践します。読み聞かせやリズム、外遊びやごっこ遊び、創作活動などリアル保育をします。雑巾がけもします。

毎日、交換日誌でマンツーマン。

その日シップした保育内容を振り返って気づいた点を毎日記録していきます。あなたの先生もコメントします。あなたの質問にも答えます。記録することで「なるほど!」と学校で学んだことが結びついていきます。

実際にやってみて指導案をつくります。

白鳩のインターンシップは学年ごとにプログラムを設けます。2年生になる春休みなら【保育実習の準備】がテーマになります。保育実習で間違いなく突きつけられるのが、指導案づくりです。実際にやってみて指導案づくりのポイントを整理して、あなたの先生のアドバイスも加えてつくります。これがプログラムのハイライトの一つです。

シップする日をあなたが計画します。

実習やボランティアなどで夏休みも春休みも忙しい。だから、設定されたシップ期間から6日間以上のシップ日をあなた自身が計画していきます。

シップを頑張り抜いて
43,200円~をゲット。

一日みっちり8時間を6日間以上。シップを頑張り抜いて、あなたの先生と学び合った労(ねぎら)いとして給与を手にします。その額は6日間のシップで43,200円。学んで『働く』ということを実感するのが、白鳩のインターンシップです。

2020年春休みは5名がインターンシップ!
ただ今、次回のプランを検討中。
公開までしばらくお待ちください。